FC2ブログ
 

Oneself Acoustic

アコースティックギターが好きなために自分で曲を作り唄ってライブもこなしているミュージシャン気取りの日常をゆるゆると語ってるブログ

Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

Gibsonの音⑤

 いつもギターのリペアとか委託販売などを頼んでいる

ギターショップ ラムジーズから電話があり

いいギター入ってるんですけど

どうでしょうかという営業電話?があり

土曜日で仕事も早く終わったので向かうことに。

そんでもって薦められたギターがこれ


201712038.jpg
201712036.jpg
201712037.jpg

Morris S-151R ( 2000's )というギター。

裏板はハカランダ。 どうやらハカランダマニアだと

思われてるらしい。 試奏したら、まあいい音。

ハカランダでレスポンスも良く、モーリスらしい音は

失われていない。 見た目も煌びやかで手工品です。

受注生産品らしく、状態はいいです。(興味があればラムジーズへ)

しかしこのモーリスもいいが、前々から気になってたギターがあった。


j-45VS.jpg

Gibson J-45だぜぃ。

前のブログでも紹介した、Gibsonの代用ギターだけど今度は 

本物のGibsonの音を確かめに来たのだ。

向かって左側はチェリーサンバーストのGibson J-45(1963年製)

右側はサンバーストのJ-45(1957年製)

2本のJ-45、しかも50年代、60年代がいっぺんにあるなんて

早速50年代から弾いてみる。

うぉ~ シビれる、乾いてる(木が)、パアァァンてくるね。いい音。

低音も素晴らしく、ストロークするとうねる、うねる。

ずっと弾いてても飽きない。これこそ求めてたJ-45の音。

そしてもう一本の60年代。

これもいいねぇ、軽快なストロークがよく似合う。

低音も素晴らしい。 50年代とはまた違う。

弱いんじゃないけど響きが違うんだよな。

でも素晴らしい音に変わりはない。

弾いてみてわかったことは50年代と60年代は別物のギターってこと。

絶対50年代のほうがいい音だと思ってたけどそんなことない。

うわ~2本とも欲しい。

60年代をライブで、50年代を録音で使いたい。

というアホみたいな妄想しながら

4時間店にいました。


スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment


Body
11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ミツイヒロキ

Author:ミツイヒロキ
アコースティックギター好き
YAMAHA Gibson Versoulが
特に好き

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム