FC2ブログ
 

Oneself Acoustic

アコースティックギターが好きなために自分で曲を作り唄ってライブもこなしているミュージシャン気取りの日常をゆるゆると語ってるブログ

Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

Gibsonの音②

 Gibson J-45はギブソン製のアコースティックギターの中では

もっとも有名で広く使われたモデルである。

愛用のミュージシャンは、まあたくさんいます。

長渕剛 奥田民生 斉藤和義 桜井和寿(Mr.children)

秦基博 桑田佳祐(サザンオールスターズ) 吉田拓郎

北川悠仁(ゆず) 福山雅治 ボブ・ディラン etc...

まだまだいますがキリがないので

弾き語りをする人は、大抵所有しています。

どんなギターかといえば

J-45(50年代)

画像のギターは1957年製で、

¥583,200(税込)で売られています。(店の画像拝借してすいません)

僕は50年代が一番欲しいです。でも高いねえ。

でもカラカラに乾いたマホガニー材で低音の響きがたまらなく、

まあ聴いてもらいましょうか。


りんご 吉田拓郎

この低音、わかる?いいでしょ? もう一丁

Surrender Mr.Children 

まあこの曲は始めの歌い出しまでの

ギターの低音が聞こえると思います。


やあ無情 斉藤和義

3分27秒あたりから弾き語りしてます。

こういう音質なんです。きらびやかな音ではないけど

無骨でサスティーンもない音。でも圧倒的な存在感。

欲しいけど買えないな~ 高いもん。

そこでふと思う。

昔の国産ギターにMartinのコピーモデルが

こんなにあるなら

Gibsonもあるんじゃないかと、

日本の技術は優秀なんだぞと、

探してみる価値はあるなこりゃ。

それは次回で。

スポンサーサイト



03 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ミツイヒロキ

Author:ミツイヒロキ
アコースティックギター好き
YAMAHA Gibson Versoulが
特に好き

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム