FC2ブログ
 

Oneself Acoustic

アコースティックギターが好きなために自分で曲を作り唄ってライブもこなしているミュージシャン気取りの日常をゆるゆると語ってるブログ

Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

12弦

 実は今、3枚目のアルバムの制作に

入ってましてMusic Craftで色々

選曲しながら話し合って決めてる最中です。

その中でこの曲は12弦がいいということになり

S氏からYAMAHAの12弦を借りてまいりました。


20190919c.jpg

一応12弦は過去に持っていたんだけど

使う頻度があまりにもなくて手放しました。

Morris B-100

20190919d.jpg

弾きやすくて音も良い12弦。

バック&サイドがハカランダで音量もあり

扱いやすいギターでした。

ただ欲しくても今はなかなか手に入らない

あんまり出回らないギターです。

YAMAHA LA12-37(画像は借り物)

20190919e.jpg

YAMAHAのLAサイズの12弦ギター。

ただただ珍しい。

これもあまり出回らないギター。

日本人の体型に合わせた?ボディサイズ。

取り回しが良くサイド&バックがパリサンドル。

艶があり深みがある音。

トップの色が鮮やかで綺麗なギターでした。

そしてS氏から借りた12弦。

YAMAHA LL-6J-12(画像左側)
20190919a.jpg
20190919b.jpg


ギターを持ってみてわかること、それは

弾きこんでたら鳴る。

わかってはいるけどね~

この12弦はまずボディサイズがYAMAHAのLサイズ。

YAMAHAオリジナルジャンボ。

このサイズがきっとどの12弦よりも

煌びやかな音を醸し出す。

ドレッドノートじゃ出ない音。

素晴らしい。

でも弾いててあげないとここまでの音は

出ないと思います。

S氏に改めて敬服。

スポンサーサイト



Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

気付けば・・・

 ついこの間、S氏と会う機会がありまして

久々にGibson DOVEを弾いてもらいました。

S氏は僕とこのGibson DOVEを引き合わせてくれた方。

まずDOVEを見てトップ板の色を指摘。

「ずいぶん飴色になったなぁ~」

「持ち主じゃわからないだろ」って

「前はもっと白かったよ」って


20190819b.jpg

20190819f.jpg

そうか。使ってきたもんなぁ。

このDOVEは1992年製だから

27年経過してることに。

もうちょいで俗に言うヴィンテージか!

よく手放さずにここまで・・・

まあ手放すなんて一回も頭をよぎったことないけど。


20190819a.jpg
20190819e.jpg

そしてもう一本。

YAMAHA LL-53D(1985年製)

こっちは34年経過。

ヴィンテージだなこりゃ。

LL-53DはなんとS氏が元所有者。

どちらのギターももう絶対に売ることはないと断言します。

まあ僕が死んだらどうなるかわからないけど


20190819c.jpg
20190819d.jpg

Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

2019年初ブログ&NEW TOOL 

 久々の更新。

この出だし今まで何回書いたか。

まあ挿して書くこともなかったというのが本音で。

でも物欲だけは決してなくなることはなく

知り合いからよくそんな欲しい物ばっかり出てくるねって

欲しいもの無くなったら死ぬんじゃないって言われる始末。

まあ欲しい物の中心は主に音楽関連、ギター関連なんですけど

新しいツールを手に入れたので


20190210A.jpg

左側 LD-10T(1994年製)  右側 LL-53D(1985年製)

左側のLD-10Tはリサイクルショップにもう何年もずっと

あって試奏するたびにいい音だなって思うも

後ろ髪ひかれながら帰るというのが何回もあり

「俺の手元に来たがってんだな」といつもの妄想が

駆け巡りお持ち帰りしたギターでございます。

いつも買わないで帰ってたのには訳があって

ティンデットという色がどうも飽きるんじゃないかと懸念があって

敬遠してたんだけど音がやっぱり良かったので。

やっぱりナチュラルが好きなので。


20190210B.jpg

バックの木目。

TOP:スプルース(蝦夷松ではない) 

SIDE&BACK:インディアンローズウッド。

画像ではわからないけど白濁有。

このころの時代のYAMAHAの塗装はのちに白濁が出るのは

仕方ないですね。

20190210C.jpg

ヘッドの”LD”文字が高級感あるんです。

画像じゃわかりずらいけどそばで見ればわかります。


20190210D.jpg
(画像は借り物)

LLヘッドの”L”があまりにもチープで。

20190210F.jpg
(画像は借り物)

ピックガードが真っ黒じゃなくて


上のこの柄に変えたら

20190210G.jpg
(画像は借り物)

YAMAHA LL-51Aになるなとか妄想しながら

やろうかやらないか迷ってます。


20190210H.jpg

サウンドホールについてるピックアップ。

Wireless Soundhole Stereo NanoMAG Pickup System for Acoustic Guitar

そう、これ実はワイヤレスでレシーバーをアンプと繋いで

ペアリングしたらシールドを付けないピックアップとなります。

これもずっと前からリサイクルショップにあって

ずっと買おうか迷ってたもの。

これがあればLL-53Dも穴を空けないで

ライブで使えるなと思って購入。

定価は63000(税抜)。

勿論中古なので半額以下で売ってました。


20190210I.jpg

レシーバー

20190210J.jpg

まだライブデビューはさせてないから音とか、トラブルとか

不安はありますが次のライブで使いたいと思います。

現時点での欠点はサウンドホールを塞ぐから

生音はショボいです。

Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

欲しいギター④

 そろそろギター弄りも佳境に。

ライブで使うためにピックアップを

付けようとしてたら

マグネティックピックアップが家にあったのがこれ。

mi-siピックアップ

201802112.jpg

201802115.jpg

201802116.jpg

201802117.jpg

201802118.jpg

201802119.jpg

2018021110.jpg

指板が長くてサウンドホールまで伸びてて

マグネティックピックアップが付けれ無さそう

でも一応エンドピンを抜いて

12mmのドリルで穴を空けます。


201802113.jpg

201802114.jpg

やっぱりぶつかる

下の方にずらしてみて

これなら付けれるけど

ストロークの時邪魔だなぁ~

諦めました。

ミスチルの桜井氏が使ってる

Larrivee L-10 Mucha Ladyはピックアップ

何使ってるんだろう?

2018021116.jpg

Larriveeではピックアップのオプションは

L.R.BaggsとShadowみたいで

どっちか使ってるか

もしくは後付けか。

何か後付けっぽいけど。

中古でいいピックアップ無いか

ネットで検索してみると

L.R.Baggs iBeam Activeが格安で売ってて

迷わず購入。


2018021112.jpg

格安の中古なので箱も両面テープもなく

あと一番の問題が取付けるための器具が無いこと

2018021115.jpg
(画像は借り物)

これが無い。

ギターショップに取付を依頼しようか迷ったけど

お金を掛けないように

自分でつけることに。

アクリル板を買ってきて

ボルトとナットで器具を

作って何とか貼り付けれた。

大変だったーーーもーーー

後は9V電池を付けて

軽く音出ししてみる。

音は出る出る、良かった。

でもこれ貼り付け位置によっては

ハウったりするみたい。

ライブで使ってみて確かめるしかない。

ピックガードも日焼け跡がみっともなくて

外したんだけどやっぱりみっともない。

だから見えないように作り直しました。


2018021114.jpg

つづく

Category: アコースティックギター  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

欲しいギター③

 201801266.jpg

ピックガードを剥がします。

剥がした後の糊を剥がすのに

ZIPPOライター用オイルで湿らして

プラスティックのヘラで優しく剥がします。

木目を傷つけないように。

201801291.jpg
201801292.jpg

日焼け跡がクッキリと。


2018012611.jpg

2018012612.jpg

透明なビニールを重ねて

マジックでL-10を見本に

輪郭を描いて型を切り取って貼る。

2018012613.jpg

う~ん。微妙。日焼け跡が目立つ。

まあいっか。

指板とフレットを磨いて

弦はこれを付ける

201801293.jpg
Martin MSP4100 フォスファーブロンズ Light(12-54)

ペグも替えたいけど一旦保留

ピックアップも思案中。

音出ししてみる。

201801294.jpg

その前にネックヒール部にストラップピン付けようとしたら

ビス折れた・・・

はぁ

ちゃんとドリルで穴あけたんだけど

長さが足りなかったか。

またこれも後でなんとかするとして

ネックが順反りだったので

トラストロッドを回して調整。

201801295.jpg

一応、ナットとサドルを替えて

トラストロッドを回したら1日放置する。

結構馴染ませないと音が違うので

次の日に改めて音出し。

音のレスポンスは良くなりました。

サスティーンも伸びてイイネ。

やはり元々のポテンシャルが高いせいか

素直に弾いてていい音だと思います。

まあ自分がやったものなので他の人に

弾いてもらって意見を聞きたいと思います。

つづく

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ミツイヒロキ

Author:ミツイヒロキ
アコースティックギター好き
YAMAHA Gibson Versoulが
特に好き

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム